「自由」と「平等」、どっちを選びますか。

マイスのDVDとKIRA KIRAのCDを無事に入稿して(ごめんねさい、どちらも7月2日発売です)、鳴子温泉のイベントに家族三人で向かった。
鳴子は宮城県の北西に位置し、仙台の奥座敷、秋田、山形にも近い名湯のひとつ。
といってもイベントにはほとんど顔を出さず、温泉と観光を楽しんだだけの家族旅行の体だった。

東京から西には何かと縁があって詳しいのだけど、東はまったく未知のエリア。だから東北自動車道を本格的に走るのも今回が初めてとなる。
走ってみると、東名や中央と比べてかなり走りやすい高速で(仙台までトンネルがひとつしかないのには驚いた)、「あれが安達太良山か」「おお、蔵王だ」とおっさんには見所も多く、薄らと山頂に雪をいただいた安達太良山の上に広がる青い空なんぞ「あれがいわゆる本当の空か」と思うだけで泣けた。

明らかな老いだ。

ところでみなさん「自由」と「平等」、どっちを選びますか?
このブログで以前にも書いた究極の選択とは、ずばりこれです。
このチョイスを近々、我々は選ばなくてはいけなくなります。

P.S.
微光さま
アドバイスありがとうございます。ペダルも外して蹴乗りですね。OK。

trackbacks(0)

http://www.afterhoursmagazine.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/65

post a comment

  • Archives
July 2016
SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31