伊豆への出撃はいつなのか。まんじりともせず

密かな抱負に「年内に30センチ越えのチヌ(黒鯛)を釣る」というのがある。

去年から本格的に始めたチヌ釣りで、終盤の11月に初めて釣ったのが写真のチヌ。

南伊豆での釣果で、サイズは25センチだから、正確にはチヌではなくカイズと言う。だからまだチヌを釣ったとは言えないのだな。


「パパ、いつ釣りに行くの?」

「……」


シーズンの終わった昨年冬から準備を進め、遠矢ウキのTD45、釣研のウキダゴ・センサー、BMウキ等を密かに購入し、SICか釣研のどちらのスイベルがよりいいかを研究して、ダンゴの締めと配合のイメージに余念なく、水の緩む日を今か今かと待つが、水温が今ひとつ上がらない。18度から20度になれば即に出撃なのだが、今は沼津あたりでも15度である。我慢、我慢、我慢……忍びがたきを忍び、耐えがたきを耐える。

 

『少年リンチ殺人』(日垣隆/新潮)をお勧めしたい。特に同世代の子持ちは必読ですね。以前触れた『下流指向』(内田樹/講談社)と併せて読むと、よりわかりやすくなります

僕の持論は昔から「殺されるくらいなら殺せ」ですが、これを読むと「ほらねっ」と自信を持って言えます。

trackbacks(0)

http://www.afterhoursmagazine.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/139

post a comment

  • Archives
February 2022
SUN. MON. TUE. WED. THU. FRI. SAT.
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28