BILL CALLAHAN "Rough Travel For A Rare Thing" [CD]

AFTERHOURS
label number
AH-107
format
CD
release date
2010/5/19

\2415(with tax)

注文数:

幻のライヴ音源が日本のみで世界初CD化!

BILL CALLAHAN(ビル・キャラハン)
Rough Travel For A Rare Thing(ラフ・トラヴェル・フォー・ア・レア・シング)

スモッグことビル・キャラハン、2007年、オーストラリアはメルボルンでのライヴ。
フィドルを中心にした6人編成でのビッグバンド・プレイ。

最新作『Sometimes I Wish We Were An Eagle』(2009年)の前作、『Woke On A Whaleheart』(2007年)を受けて行われたオーストラリア、メルボルンでの幻のライヴ・ドキュメンタリー。欧米ではヴァイナル、MP3のみの発売で、CDは日本盤のみのリリースとなる。

昨年の『Sometimes I Wish We Were An Eagle』が『UNCUT』(11位)、『MOJO』(2位)、『PITCHFORK』(24位)等の年間ベスト・アルバムにチョイスされ、多くのメディアから“キャリアの最高傑作”と評されたのも記憶に新しい。本作はギターの弾き語りをメインのスタイルにしていたビルが、フィドル等のストリングスを取り入れたバンド・スタイルへと移行していく時期の貴重なライヴ・アルバムで、総勢6名のビッグバンドでの演奏になる。

エキセントリックさや奇をてらう風潮に抗うように、正面からまっすぐに演奏する歌の美しさと強さ。改めて音楽の本質を確認できる貴重な作品である。

Tracklist

  1. Our Anniversary
  2. Diamond Dancer
  3. Bowery
  4. Held
  5. Say Valley Maker
  6. In The Pines
  7. Cold-Blooded Old Times
  8. Rock Bottom Riser
  9. Let Me See The Colts
  10. The Well
  11. Bathysphere

trackbacks(0)

http://www.afterhoursmagazine.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/317

post a comment