CHRIS BROKAW and GEOFF FARINA "The Angel's Message To Me" [CD]

AFTERHOURS
artist
CHRIS BROKAW and GEOFF FARINA
title
The Angel’s Message To Me
label number
AH-115
format
CD
release date
2011/5/25

\2415(with tax)

注文数:

東海岸を代表するギター・テクニシャンによる奇跡のコラボレーション!

CHRIS BROKAW and GEOFF FARINA(クリス・ブロコウ・アンド・ジェフ・ファリーナ)
The Angel's Message To Me(ジ・エンジェルズ・メッセージ・トゥ・ミー)

アンプラグドでアメリカン・トラディショナルを全14曲カバー。日本限定アートワーク&ボーナストラック2曲収録。

90年代から現在まで幾多のバンドで名を馳せた、米インディ・シーンを代表するギタリストふたりが、奇跡のコラボレーションを実現。2本のアコースティック・ギターと声だけで、トラディショナルを中心に全14曲で共演する。

クリス・ブロコウ

スロウコア・シーンの中心的存在であったコデイン、ベッドヘッドのドラマーとしてシーンに登場し、カム、プルマンではギタリストとして活躍。現在はベッドヘッドの発展系プロジェクト、ニュー・イヤーのメンバーとして、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、イヴェン・ダンドゥ(レモンヘッズ)のサポート・ギタリストとしても活動している。

ジェフ・ファリーナ

90年代前半にシークレット・スターズとしてシーンにデビュー(アイダやデス・キャブ・フォー・キューティ等、いまだに熱烈なファンが多い)。その後、自身のバンド、カラテを結成し、ボストン・シーンの中心的存在として12年間活躍。現在はソロ・プロジェクト、グローリーテラーズで活動し、アルバムを2枚発表している。カレッジでギター・コースを主宰していた。

ある時あるレーベルからスプリット・アルバムを提案されたふたり。そしてきっかけはジェフがクリスの自宅に遊びに行った時に訪れた。クリスのベッドルームにあったブラインド・ブレイクのボックス・セットを見つけたジェフは、彼の曲をふたりで共演しようと提案。ギターを手にしたふたりは時を忘れて演奏を続けた。

このアルバムはこうした偶然が発展して完成した。ドラムもベースもあえて入れず、ふたりのギターのハーモニーとシンプルなボーカルのみで聴かせる。繊細なギター・テクニックから生まれるメロディとハーモニー......それはアンプラグドな大人の世界でもある。そしてそれはふたりのブルース、フォーク、ラグタイム、ジャズ......ノース・アメリカンのトラディショナル・ミュージックへの大いなるリスペクトの証でもあるのだ。

tracklist

  1. The Angel's Message to Me
  2. Ginseng Blues
  3. Guitar Chimes
  4. In the Evening
  5. Make Me a Pallet on Your Floor
  6. Oh Death
  7. Sitting on Top of the World
  8. St. James Infirmary Blues
  9. Stagger Lee
  10. Poor Wayfaring Stranger
  11. That'll Never Happen No More
  12. Trouble in Mind
  13. Little Maggie *日本盤のみのボーナス・トラック
  14. Try Me One More Time *日本盤のみのボーナス・トラック