KEV HOPPER "The Germjoin"[CD]

AFTERHOURS
artist
KEV HOPPER
artist
The Germjoin
label number
AH-117
label number
CD
release date
2012/1/25

\2300(with tax)

注文数:

ハイ・ラマズの"哀愁"とワイアットの"祈り"を併せ持った傑作の誕生

KEV HOPPER(ケヴ・ホッパー)
The Germjoin(ジャームジョイン)

5人のシンガーをフィーチャーしたボーカル・アルバム
6年ぶりの新作。日本独占(海外発売未定)、歌詞・対訳付き

ハイ・ラマズのショーン・オヘイガンやステレオラブのティム・ゲイン等から熱くリスペクトされ、幾度も共演した希代のソングライターにしてミュージカル・ソウの使い手、ケヴ・ホッパー。

電子音楽に傾倒し、名義もSPOOMBUNG(スプーンバグ)に変更して2005年にリリースした『I Saw Spoombung's Daughter Consumed By Kirby Dots』(ah-065)以降、その活動を完全に停止し沈黙を守ったが、このたびついに6年ぶりの新作を発表する。

80年代UKの伝説のアート・ロック・バンド、スタンプのベーシストとしてデビューし、バンド解散後はソロとして活動。90年代以降はステレオラブやハイ・ラマズとのコラボレーターとしても知られたケヴ・ホッパー(ちなみにハイ・ラマズの代表作『Hawaii』のジャケット・イラストもケヴの手による)。しばらくミュージシャンとしての活動を停止していたが、ようやく幾多の困難を克服してシーンに復帰した。

収録14曲中、10曲が自身の家族も参加したボーカル・ソングで、フィーチャーされたボーカリストは5人。コメディアン兼シンガーや、ケヴも参加する実験アート集団、Ticklishのメンバー、さらにフォーク・バンド、The Kittiwakesのボーカリストや今は亡き画家や愛息の歌声も聴くことができる。

ショーン・オヘイガンにも通じるメランコリックなメロディ&ハーモニーと、ロバート・ワイアットの "祈り"を感じさせる文字通りの傑作。日本先行発売(海外発売未定)で歌詞・対訳付き。

tracklist

  1. The Germjoin
  2. Hooded Youth
  3. Windfall
  4. Set in Silver
  5. The Fool’s Imbroglio
  6. Body on The Sofa
  7. Pontrobert
  8. Crime Passionnel
  9. The Child Smiles
  10. Ambition
  11. Bloom
  12. Soulkeepers 2011
  13. Mr Moffat
  14. The Germjoin (demo)